本文へスキップ

TOPICS

2020年3月31日
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(2015年度 - 2019年度)の業績集を作成しました。ご希望の方は、当センターまでご連絡ください。
2020年2月25日
新型コロナウイルス感染症の拡大により、2月28日開催予定であった東海大学共同開催公開シンポジウム(私立大学戦略的研究基盤形成支援事業の最終評価会)は中止となりました。
2020年1月23日
稲垣豊教授を研究代表者とする「コラーゲン産生細胞の脱活性化を介した新規肝線維化治療法の開発」が日本医療研究開発機構の橋渡し研究戦略的推進プログラム(令和2年度橋渡し研究シーズA)に採択されました。
2019年12月1日
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業の最終評価会を、2020年2月28日(金)13:00より東海大学校友会館(霞が関ビル35階)で開催いたします
2019年9月24日
2019年度下半期の月例ランチョンミーティングの予定を掲載しました。
2019年5月23-24日
第26回肝細胞研究会を開催しました。
2019年5月14日
私立大学戦略的基盤形成支援事業の2019年度公開報告会を、本学医学部で開催しました。

NEWS新着情報

2020年6月1日
5年間にわたる私立大学戦略的研究基盤形成支援事業のまとめが、東海大学新聞に記載されました。
2020年3月23日
久保田さん送別のお茶会を、センター内で行いました。
2020年1月30日
垣塚 彰先生をお招きして東海医学会との共催で臓器線維症プロジェクト第18回セミナー「難治性疾患への挑戦」を開催しました。
2019年12月16日
忘年会を開催しました。
2019年12月13日
肝星細胞の脱活性化因子TCF21に関する研究成果が、科学新聞に掲載されました。
2019年12月8日
柳川享世助教が、東海大学総合医学研究所研修会において優秀発表賞を受賞しました。
2019年12月1日
柳川享世助教が、第33回肝類洞壁細胞研究会において優秀演題賞を受賞しました。
2019年12月1日
肝星細胞の脱活性化因子TCF21に関する研究成果が、東海大学新聞に掲載されました
2019年11月23日
住吉秀明講師が、2019年度東海大学研究交流会において優秀ポスター賞を受賞しました。
2019年11月21日
肝硬変治療の鍵となる新規分子TCF21に関する研究成果について、プレスリリースを行いました。
2019年10月19日
東海大学-極東連邦大学(ウラジオストク)・学術交流ワークショップで、稲垣豊教授がマトリックス医学生物学センターの研究紹介を行いました。
2019年10月4日
岩切泰子先生をお招きして、東海医学会との共催で臓器線維症プロジェクト第17回セミナー「肝内リンパ管新生の機序と役割」を開催しました。
2019年10月3日
Prof. Massimo Pinzaniをお招きして、東海医学会との共催で臓器線維症プロジェクト第16回セミナー「Human Liver and Intestine-derived 3D ECM Scaffolds and Hydrogels for Fibrogenic Disease Modelling」を開催しました
2019年7月2日
第26回肝細胞研究会の慰労会と名取さんの歓迎会を行いました。
2019年5月26日
住吉秀明講師が、JSTからの要請を受けて中国四川省で開催された「日本新技術展」で研究成果を発表しました
2019年4月22日
佐藤 荘先生をお招きして東海医学会との共催で臓器線維症プロジェクト第15回セミナー「疾患特異的マクロファージの機能的多様性」を開催しました。
2019年4月18日
安田さん、久保田さん、小川さんの歓迎会を行いました。
2019年4月3日
毎年恒例のお花見に行きました。
                 →過去のNEWSはこちら

バナースペース

第26回肝細胞研究会

当番会長 稲垣 豊

私立大学戦略的基盤形成支援事業

臓器線維症の病態解明と新たな診断・予防・治療法開発のための拠点形成

東海大学マトリックス医学生物学センター

〒259-1193
神奈川県伊勢原市下糟屋143

TEL 0463-93-1121